1. トップ
  2. お知らせ・活動報告
  3. 山口地区
  4. 山口あかり苑
お知らせ・活動報告
山口地区 山口あかり苑 [記事一覧]

 

        

 
新年明けましておめでとうございます。
 
昨年は新型コロナウィルスの感染防止に伴う、
面会や外出制限などにご協力いただき感謝申し上げます。本年も、感染防止対策を徹底し、健康管理や園内のお楽しみ行事を充実し、入居者の皆様が喜びとやすらぎをもって生活していただけるよう努めてまいります。
そして、本年が皆様にとって幸多き年となるようお祈りいたします。
        
           令和3年元旦 苑長 藤井 克彦
 
 
        

 
今年の門松は、園芸・工作にプロ顔負けの技量を持つ介護職員の力作です。入居者の皆様は、その見事の出来栄えに目を奪われておられました。
 
 その門松に新春を賀し、
皆様のすがすがしい笑顔がそろった新しい年の門出です。


投稿日:2021年01月07日 
 
9月16日(水)あかり苑にて、敬老式典を開催しました。
今年度は、コロナウィルスの影響もあり、残念ながらご家族の参加はありませんでしたが、苑内部で心づくしのお祝い行事を行いました。

最初に苑長より、皆様の健康長寿をお祝いする祝辞で式典が開会しました。




今年度は、百歳長寿の方が2人、米寿の方が6人と多くの方の節目の年をお祝いしました。
そして、8人の方が何と100歳を超える長寿を迎えられました。
苑より、職員手作りの「金色手形」をお贈りし、感謝の気持ちをお伝えました。
 また、入苑者を代表して、記念品を受け取っていただきました。

   
 
  

入居者の方から代表して、心のこもった謝辞を頂きました。
 



ここからは、お待ちかねのお楽しみのアトラクションです!
例年なら、外部からボランティアをお招きするところですが、今年は、職員手造りの出し物、「二人羽織」と「総踊り」です。

最初に、介護職員や生活相談員が、二人羽織します。
食べたいものが思うように口に入らず、四苦八苦するところで、会場は、爆笑の渦に包まれました。



 
 

 
続いて、男性職員と相談員による総踊りです。手の込んだ衣装を
まとって、お腹踊りで会場をねり歩き、皆さんに笑顔をお届けしました。
 


 
各ユニットでは、ささやかではありますが、皆様にあかり苑からの長寿のお祝いを送り
皆様に、喜んでいただきました。

    

 
面会や外出で不自由をおかけしますが、これからもあかり苑で、健やかに過ごして
いただくよう願って、元気と笑顔をお届けする敬老式典となりました。
 
 
 
 
投稿日:2020年10月23日 
 

9月2日(水)4日(木)二日間の予定でで、花火大会を企画しました。
残念ながら、2日は台風9号の接近に伴い中止を余儀なくされてしまいましたが、4日は天候に恵まれ、2日分の花火を楽しみました。

  

 台風一過で、空気も澄み、花火日和の夕べとなりました。
   
  

風向きを見ながら、打ち上げ花火と噴出花火を交互に楽しんで頂きました。
やはり、打ち上げ花火があがる瞬間、歓声とともに、皆さんの視線は花火にくぎ付けです♪

 
  
 

大きな音に、少しびっくりする方もいらっしゃいましたが、それでも表情は、夜空に拡がる満面の笑みでした。

  

短い時間ではありましたが、花火の色、形、音に魅了された内容の濃い時間を過ごしていただけたのではと思います。


コロナウイルスの影響もあり、外出行事等が難しい状況ではありますが、苑内でできる行事は、工夫しながら取り組み、皆様の生活に潤いを提供出来るよう努めてまいります。


 
投稿日:2020年09月25日 
 

8月26日(水)27日(木)二日間で、各階へ、かき氷機をもって伺いました。夏終盤とはいえ最高気温は33℃、結構な暑さの中で、皆さんに、涼しんで頂きました。

     
 
  

一番人気は宇治金時♪あんにミルク、そしてお手製の抹茶がうまさの秘訣♪
   
             

 定番のイチゴ、メロン、カルピスと、あわせて4種類用意しました。
 隣の人のかき氷を見て、「こっちにすればよかったかね~」と
 頭を悩ませている方もいらっしゃいました。

  
  

この度は、ソーシャルディスタンスをとるために、二日間に分け、会場を一か所から4か所に増やして、対応させていただきました。
皆様からは、混みあうこともなく、「ゆっくりとかき氷を食べることができて良かったよ」と、好評でした。








投稿日:2020年09月25日 
 


 敬老月間を迎え、あかり苑では、
9月14(土)に
敬老式典を開催しました。
 2階リハビリ談話室にて、家族の方々にも御列席いただき、午前と午後の2部制で行いました。
 最初に苑長より、皆様の健康長寿をお祝いする祝辞で式典が開会しました。


  

 今年度は、100歳以上の方が5人、百歳長寿の方が5人、そして、米寿の方が2人とかつてなく多くの方が長寿・節目の年を迎えられました。
 苑より、職員手作りの「金色手形」をお贈りし、感謝の気持ちをお伝えしました。
   また、入苑者を代表して、記念品を受け取っていただきました。

  
  


 そして、いよいよお楽しみのアトラクションの始まりです。
 はじめに相談員ファミリーで会場を盛り上げました。
 相談員による太鼓と、ファミリーでのダンス「パプリカ」を
披露しました。
 入居者の皆様より、「全身に響いたよ」「上手に踊ったね」と、
 あたたかい言葉を頂きました。

  
 
 続きまして、外部より2組のボランティアの方を、お招きしました。
 午前の部は、音楽大好き[ルーミー」二人組のユニットです。
 ウクレレを片手に、入居者の皆様と一緒に、懐かしい曲を
合唱しました。
 練習不足と謙遜されていましたが、とてもきれいな歌声を披露してくださいました。 

       
 
 午後の部は、「國吉 磨寿美」さん。
 書家、フリーアナウンサー、また、ギター&ボーカルとして、ソロ又はユニットで活動中。
 今回は多くのレパートリーの中から、「さだまさし」を中心に、昔を懐かしむフォークソングや童謡を歌われました。
 皆さん、にぎやかに、ある時はしっとりと、手拍子をされつつ、口ずさみながら耳を傾けておられました。
 
       

 これからもあかり苑で健やかに過ごしていただくよう願って、
  皆さんに元気をお届けする敬老式典となりました。





投稿日:2019年10月23日 
(1) 2 3 4 ... 10 »