1. トップ
  2. 活動報告
  3. 山口地区
  4. 山口あかり園 居宅介護支援事業所
活動報告
山口地区 山口あかり園 居宅介護支援事業所 [記事一覧]



今年の夏は、かつてないほどの酷暑や、豪雨災害などが続く日々となりました。
こうした中で、暮らしやすい元気で安全な平川を目指し、平川地区
民生児童委員協議会の主催で、山口あかり園にて「平川生活教室」
を行いました。

対象者は、60歳以上で日中お一人暮らしの方。回を追うごとに
参加者も増え、今年は96人の方が参加されました。


開校式は、平川地区社会福祉協議会 芳西会長より

      

次に、平川地区民生児童委員協議会 斉藤会長より

      

そして、山口あかり園 藤井園長の挨拶で始まりました。

      


続いて、皆様お待ちかねの出し物には、お手玉:中村信子様を
お招きし、お手玉を楽しみました。

  
  

ピエロに扮装した民生委員も登場して、山口県の名所紹介や
腹話術などの企画も取り入れて、全員参加のお手玉や体操に
会場は終始、熱気が立ち込め、笑いの渦に包まれました。

      
      

お腹が空いたところで、昼食です。
山口あかり園 用殿管理栄養士から、この日のために心を込めた
献立の紹介があり、お寿司や刺身、盛り合わせ等を召し上がって
いただきました。
皆様から、「とても美味しかったわ!」とお褒めの言葉をいただき
ました。
お昼の時間には、アイフィット山口様より、在宅生活の
支援となる住宅改修の事例と福祉用具の紹介がありました。

      
      
      


午後の部は、山口市消防団平川分団から、山本防災士より
「防災~いざという時のために」と題しての講演をいただきました。
防災グッズの紹介や災害時にとってほしい行動等、災害への備えを
わかりやすく説明され、みなさん、真剣に耳を傾けておられました。

      
      
 

閉校式は、民生児童委員協議会 永久副会長から挨拶をいただきました。
今年もお怪我なく、年1回の地域交流!
心も知識も、そしてお腹も満腹に皆様に元気をお届けできました。
      
        

       また、来年お会いしましょう!!!

 


投稿日:2018年11月29日 


H29年7月7日、山口市消防団新入団員の辞令交付式がありました。
    
この日、山口あかり園の女性職員ケアマネージャー2名、ホームヘルパー1名が消防団員に任命されました。
   (交付式写真の前列右から3~5人目)

  
     

平川地区消防団員の一員として、力強く且つ優しく、常日頃、地域で介護を必要とされている高齢者の方々に接してきた経験を、今後の消防・防災活動に役立てていく決意です。

      


今年の出初式での一斉放水の様子です。
勇壮な一斉放水を前にして、緊張しながらも消防団員としての自覚を深めました。

      



 

投稿日:2018年01月18日 




今年も10月22日(日)、地域の一人暮らしの高齢者の方が、一日を楽しく、元気に過ごしていただくよう、地区の生活教室を開催しました。
民生委員の方々のお世話で、前回よりも少し多い93人の参加者があり今年も大盛況です。
初めに、平川地区民生・児童委員協議会斉藤会長の挨拶で開会です。

  
       
最初のプログラムは、山口大学の学生グループ「やっちゃん」によるマジック&ジャグリングです。
次々と繰り出すマジックに、皆さん、目を凝らしてあら不思議と驚きの声の連発。

  
 

    体感マジックには、民生委員さんたちも参加し楽しそう!

      
 

そして、バルーンアートの始まり。色とりどりの風船をねじってつないで、ハロウィンカボチャや綺麗なお花に大変身。 
水晶玉を使ったジャグリング芸では、いくつもの玉が女の子の手の先、腕の中を自在に動き回ります。見ている方はハラハラドキドキ。
アマチュアグループとは思えないユニークで、若さみなぎる出し物の数々に、時が経つのも忘れ、あっという間にフィナーレとなりました。

  
  
      

毎年楽しみにされている昼食は、あかり園の出番です。園で調理したちらし寿司や筑前煮など少し華やかに、季節を感じていただけるメニューをお出ししました。
皆様から、どれもこれもとても美味しいとお褒めの言葉をいただきました。

    
 

お昼の時間を利用して、在宅での生活に役立つ、福祉用具の紹介です。
“アイフット山口”様が、新商品のシルバーカーをたくさん持参され、皆様、手で触れて体験されていました。

      


午後は、山口市消防団平川分団から、女性分団員2名お招きし、「防災~いざという時のために」という演題で、普段から気を付ける災害時の心構えや備蓄の方法などの説明がありました。
分かりやすい説明に、皆さんしきりにうなずかれながら拝聴されました。

  


年に1回ですが、同窓会気分で「あんた元気にしちょったかね」そんな声を聞きながら、困った時に相談しやすい顔なじみの関係を築き、みなさんが安全に元気に過ごしていただける事を願い、平川地区生活教室は閉会しました。
        またお会いしましょう。

投稿日:2018年01月18日 


  10月30日(日)、日中一人暮らしの高齢者の方が、一日を
  楽しく過ごし、元気を養っていただけるよう平川地区生活教室が
  開催されました。
  当日は晴天にも恵まれ、90人の参加があり、
  主催の平川地区 民生・児童委員協議会 斉藤会長、共催の
  平川地区社会福祉協議会芳西会長、山口あかり園藤井施設長の
  挨拶で開会です。

  

  今回は、白石地区の民生委員さんや福祉委員さんたちの集まり、
  “ずっこけ仲良しクラブ”による演芸です。南京玉すだれを使用
  してのオリンピック五輪や錦帯橋のパフォーマンスに、皆さん
  驚きの声を上げておられました。
  また、皿回しを一緒に楽しみ、皿回しの難しさも実感しました。
  締めは大きな扇子を使った勇壮な演舞で盛り上がりました。

  
      
  

  毎年大好評!転倒予防の福祉用具でおなじみ“アイフット山口”様の
  ご好意で今年の一押し商品や最新式の快適ベッドを実践を含め
  ご紹介していただきました。皆さん、興味深々!!

  

  座談会では、皆さんからお食事が美味しかったなどのご意見を
  いただきました。
  今回のメニューは、さつま芋ご飯・炊き合わせ・お刺身などで、
  あかり園の栄養士による季節の献立メニューでした。

  
         

  年に1回ですが、在宅生活を元気に過ごしていただくよう、一緒に
  リフレッシュしてみませんか(^^)


 

投稿日:2016年11月17日 


  平成28年6月2日(木)

  “ 地域包括ケアの現場を見たい ” とのことから突如、県と山口市
  から、村岡知事視察の打診がありました。
  職員一同、今までにないことですので、どうしたらいいのか戸惑い
  ながら、短い時間なので、できるだけ簡潔に、かつ、実践的な事例
  を取り込むこととし、少しでも知事に現場の実状をお伝えできる
  よう準備しました。

  いよいよ知事の御来訪です。

       
       
       

  まずは、山口市から業務委託されている鴻南地域包括支援セン
  ター、続いて山口あかり園の居宅介護支援事業所を視察して
  いただきました。

       

  その後、パワーポイントで、山口市高齢福祉課より「地域包括支援
  センターの役割」と題し、地域包括ケアシステムの全体的な仕組み
  や取り組み状況等について説明の後、鴻南地域包括支援センターの
  センター長より、実際の事例を通して地域での認知症高齢者の見守
  り支援の取り組みを紹介しました。

       
       

  続いて、「居宅介護支援事業所の役割」について、当事業所の管理
  者より説明させていただきました。
  知事からは事前に、“ 今回は特に、医療と介護の連携についての
  現状を視察したい ” とのお申し出があり、医療との連携の現状や
  入院から退院時の支援体制、サービス開始の流れ等について、ここ
  でも事例を交えてご紹介しました。

  知事からは、随所に質問があり、知事のケアシステムに対する強い
  関心を見ることができました。
  また、はつらつとした知事に直に接することで、山口県庁を身近に
  感じることができました。

  知事の思いに応え、さらに地域包括ケアの推進に努力してまいり
  ます。
 
 

投稿日:2016年06月16日 
(1) 2 3 »