1. トップ
  2. 活動報告
  3. 山口地区
  4. 山口温泉ホーム
活動報告
山口地区 山口温泉ホーム [記事一覧]



  平成30年3月20日に済生会山口総合病院の城甲啓治院長様と
  看護師の岩田真紀様を講師にお迎えし、講演会を開催しました。

  会場は山口温泉ホーム内の食堂で、ご入居者様や地域の方も
  ご案内し、60名以上のご参加がありました。


  

     
  まずはじめに、泌尿器科がご専門の城甲先生によるご講演で、

  題名は「おしっこの悩み」

  次に、皮膚・排泄ケア認定看護師、岩田様による

  「快適な排便生活を送るためのポイント」という、

  どちらも高齢になると気になる、
  身近な悩みがテーマのお話でした。

  スライドと共に、手元用の資料も用意していただき、
  とても分かりやすく、
  皆様うなずきながら熱心に耳を傾けておられました。


  

  
  最後の質疑応答の時間では、エピソードを交えながら丁寧に
  お答えいただき、予定を上回る時間が、
  あっという間に過ぎていきました。
    
     終了後、参加者の方々からは

  「大事なことがよく分かった。」

  「これからの生活に役立てたい」等の

  ご感想を多数いただきました。
    
  貴重な時間を割いてご講演いただいた
  城甲院長様、岩田看護師様はじめ、
   ご協力下さった皆様方、本当にありがとうございました。
   
   
 

投稿日:2018年05月19日 



     暑気払い「納涼祭」を開催!
 

     7月25日(火)の夕べ、まだまだ夏の入り口のこの時期、
     暑さに負けず夏を乗り切って頂きたいとの願いを込めて
     納涼祭を開催しました。
 
     お刺身や助六寿司などの盛り沢山のメニューに、
     冷たいビールやジュースを頂きながら自慢のカラオケや
     琴の演奏に耳を傾け、
     夏の夕べは賑やかに過ぎて行きました。
 

          いよいよ夏本番を迎えます。

 

      
      
      

  

     熱中症には水分補給!

     温暖化か、年を追うごとにつのる暑さに、
     今年は「スーパー猛暑」という、新しい造語が
     登場しています。
 
     山口温泉ホームでは熱中症予防のため、今年の8月から
     猛暑日の午後には入居者の皆様に
     イオン飲料を提供させていただいています。

 

      
      
 
 

     冷たい飲み物で喉を潤しながら、お喋りを楽しむ。
     そんな社交の場にもなっています。

     熱中症対策と気分転換をかねて、
     多くの皆様の参加をお待ちしております。
   

  

投稿日:2017年08月26日 


  3月16日(木)、山口警察署と交通安全協会から講師をお招きし、

   交通安全教室を開催しました。


  
 

  山口温泉ホームでは、健康づくりのお散歩や近所まで
  お買物に行かれる方も多く、自転車や自家用車をお持ちの方も
  いらっしゃいます。
 

  山口市内での交通死亡事故は高齢者が被害者となるケースが多く、
  特に日が暮れてから夜間に起こっていると報告がありました。

 
  横断歩道での事故が多いとのことで、横断歩道の渡る際の注意点や
  実践形式での実際に渡る練習をするなど、わかりやすく指導して
  いただきました。


  
 

  また暗くなると車から見えづらく、夜間でも遠くからも見える
  反射材を頂きました。


  

 

  これから暖かくなり、外出の機会が増えます。
  今回教えていただいたことを心がけて、皆様が事故に遭わないよう
  生活していただきたいと思っています。

  

投稿日:2017年03月27日 


  秋も深まり、朝夕はめっきり冷え込むようになりました。
  ここ山口温泉ホームの周りも木々が色づき、秋を楽しんでいます。

  11月15日(火)には、文化祭を開催しました。
  入居者の皆様の日頃の活動の成果をご披露いただきました。

  

  ステージ発表では、音楽ボランティアの津田勝治さんをお招きし、
  アコーディオンやウクレレの演奏に合わせ、みんなで合唱しました。

  一曲一曲工夫された演奏に皆さんの素敵な歌声が響き、とても
  楽しいひとときを過ごすことができました。

  


  11月14日(月)と22日(火)には、防府の毛利氏庭園に
  紅葉ドライブに行きました。

  いまや盛りの色鮮やかな紅葉とおいしい食事に秋を満喫しました。

  
       
  



 

投稿日:2016年11月28日 


   山口地域の急性期拠点病院である済生会山口総合病院では
   なでしこプランとして社会奉仕活動を行っておられます。

   当温泉ホームにも、その活動の一環としてこれまで月に1回、
   頚動脈や下肢の血管の訪問検診を希望者の方に無料で行って
   下さっています。

   10月17日(月)には、特に心臓血管外科の郷良秀典先生から
   血管検診の意義についての講演を行っていただきました。

      
      

  近年、脳梗塞や心筋梗塞などの血管の病気は、とても増えており、
  先生のとてもわかりやすい説明に、入居者の皆さん、熱心に
  耳を傾けておられました。

      
      
      

   定期的に血管の検診を受けることにより、早期予防・治療に
   結びつくということをお聴きし、入居者の皆様の今後の
   健康管理にとても役立つ講演でした。

   これからもよろしくお願いします。
  


 

投稿日:2016年10月28日 
(1) 2 3 4 »