1. トップ
  2. 活動報告
  3. 山口地区
  4. 山口あかり苑
  5. 『敬老式典』
活動報告
山口地区 山口あかり苑 [詳細]
『敬老式典』
 


 敬老月間を迎え、あかり苑では、
9月14(土)に
敬老式典を開催しました。
 2階リハビリ談話室にて、家族の方々にも御列席いただき、午前と午後の2部制で行いました。
 最初に苑長より、皆様の健康長寿をお祝いする祝辞で式典が開会しました。


  

 今年度は、100歳以上の方が5人、百歳長寿の方が5人、そして、米寿の方が2人とかつてなく多くの方が長寿・節目の年を迎えられました。
 苑より、職員手作りの「金色手形」をお贈りし、感謝の気持ちをお伝えしました。
   また、入苑者を代表して、記念品を受け取っていただきました。

  
  


 そして、いよいよお楽しみのアトラクションの始まりです。
 はじめに相談員ファミリーで会場を盛り上げました。
 相談員による太鼓と、ファミリーでのダンス「パプリカ」を
披露しました。
 入居者の皆様より、「全身に響いたよ」「上手に踊ったね」と、
 あたたかい言葉を頂きました。

  
 
 続きまして、外部より2組のボランティアの方を、お招きしました。
 午前の部は、音楽大好き[ルーミー」二人組のユニットです。
 ウクレレを片手に、入居者の皆様と一緒に、懐かしい曲を
合唱しました。
 練習不足と謙遜されていましたが、とてもきれいな歌声を披露してくださいました。 

       
 
 午後の部は、「國吉 磨寿美」さん。
 書家、フリーアナウンサー、また、ギター&ボーカルとして、ソロ又はユニットで活動中。
 今回は多くのレパートリーの中から、「さだまさし」を中心に、昔を懐かしむフォークソングや童謡を歌われました。
 皆さん、にぎやかに、ある時はしっとりと、手拍子をされつつ、口ずさみながら耳を傾けておられました。
 
       

 これからもあかり苑で健やかに過ごしていただくよう願って、
  皆さんに元気をお届けする敬老式典となりました。





投稿日:2019年10月23日