1. トップ
  2. 活動報告
  3. 山口地区
  4. 山口あかり園
  5. 特養・有料合同リーダー研修
活動報告
山口地区 山口あかり園 [詳細]
特養・有料合同リーダー研修




法人全体の研修を担う辻野本部長を講師に迎え、特養・有料のリーダー(介護職員)を対象に3回に分けて研修を行いました。


        
今回のテーマは「伝える力」を養う!

昨年10月に開催した1回目は、新人職員が最初に受ける新任職員研修2日間のエッセンスをギュッとまとめて、挨拶の基本“語先後礼”、介護の基本“安全・安楽・自立”等、の講義がありました。新人職員が最初に何を学ぶべきかを知ることで職員育成の手法を磨くことが目的ではありましたが、リーダー自身の学びの場ともなりました。

  

2回目は12月に「介護技術」について。

車いすの開け閉め、押し方、移乗介助、実技を中心に行いました。車椅子の開け閉めにひとつしても、物を大切にできない人は人(高齢者)を大切にはできない。介護技術は単に技術だけでなく、接する人の心の問題だと気付かされました。
 

  


3回目は2月「コミュニケーション」について。

何を伝えたいのか目的を明確にすること、何となくではなくて言葉にすること、文章で表現することが大切。
伝える側がきちんと理解していないと相手には伝わらない。相手に心を開いてもらう為には自分が心を開いておくことが大切…。


  


今後も定期的に研修を行い、学びをご利用者さんの生活に還元していきたいと思います。
 


   
投稿日:2018年03月28日