1. トップ
  2. 活動報告
  3. 宇部地区
  4. 宇部あかり園
活動報告
宇部地区 宇部あかり園 [記事一覧]
  インフルエンザやノロウイルスなどの感染症が流行する時期を迎えました。
あかり園では、毎年職員研修を行い、感染症予防に努めています。
今回は、ノロウイルスの対策として、嘔吐物処理の実技研修の様子をお伝えします。

【看護師による説明】

インフルエンザ・ノロウイルスの症状や感染経路、感染予防対策について説明がありました。また、感染対策キットを使用して嘔吐物処理手順の説明がありました。


【感染症対策委員会】
 
感染症対策委員会では、マニュアルや手順の再確認、様々な場面を想定しての処理方法、また、実技研修の打ち合わせや準備も行いました。


【新人職員研修】

感染症対策委員やリーダー職員の見守りのもと、ひとつひとつ手順を確認しながら、確実に素早く行えるよう、繰り返し練習しました。


【全体研修 】
 

 

10月25日、ホームヘルパー等在宅部門の職員も含め35名が参加し、合同で研修を行いました。
あかり園では、今後も委員会活動や職員研修を通じ、感染症予防に努めてまいります。


感染症を防ぐのに有効なことは、マスクやうがい、手洗いです。
ご家庭でもしっかりと予防されて、健康にお過ごし下さい。




投稿日:2019年11月18日 
  昭和56年に開設した宇部あかり園は、平成28年から30年にかけて大規模な改築工事を行いました。昭和から平成、令和となった今、開設当初からの、利用者の方やご家族の方、地域の方々とつながりを継承しつつ、未来に向けて新たな「集いの場」「つながりの場」となるよう今回のイベントを開催しました。

【祖父と母の前でフラダンスを】

「いつもなら緊張するんだけど、今日は楽しみが先に出て。。。上手く踊ることができた」と感想を言われたのは、フラダンスのメンバーであかり園に入居されているMさんのご家族。
Mさんのご家族は「(以前ご入居されていた)祖父と母にいつか披露したい」とおっしゃっていました。ご面会の際は、お部屋で踊って見せたりされていました。

 

いつもは傾眠がちなMさんですが、この日に向けて体調を整え、最前列にご案内しました。声をかけると目を開けて見ておられました。
フラダンスメンバーの皆さんと一緒に写真も撮り、「他のメンバーもお母さんに会えてよかったといってくれましたし、衣装を着ている姿を見てくれて、本当によかったです」と感想を聞かせて頂きました。



【体験型チアで大盛り上がり】

軽快な音楽と共にダイナミックな演技を見せてくれたのは、山口大学應援団チアリーディング部SCAMPISHの皆さん。なかなか近くで見ることのできないチアリーディングに、会場は拍手喝采でした。
 

「それでは会場の皆さんにチアリーディングを体験してもらいます」のアナウンスにびっくり。エレベーターという技のトップ役(上に上がる人)の体験でした。ボランティアの方、入居者ご家族、職員がチアのトップの役となった体験参加型の企画で大いに盛り上がりました。
 


投稿日:2019年11月15日 
 【ステージ企画】
 

 

 

 

 

 

 

【フードコート・出店ブース】
 

 

 

【ゲームコーナー】
 

 

【介護健康相談・展示コーナー】
 

 

ステージ企画にご出演・ブースにご出店いただいた各団体様をはじめ、展示ブースに出品いただいたご利用者様や活花、入浴、散髪、朗読の会のボランティアの皆様、以前からフードコーナーでお手伝いをいただいている西岐波婦人連絡協議会様、ゲームコーナーやジュース販売のお手伝いをしてくださった高校生ボランティアの皆様、大変お世話になりました。
ご来場いただいた利用者、ご家族の皆様、本当にありがとうございました。


【ステージ出演】
西岐波中学校吹奏楽部様
Studio.ChinariBallet様
Nã Manu Hiwahiwa Hula Studio様
デイサービスご利用の皆様

山口大学應援団チアリーディング部SCAMPISH様
 
【出店ブース】
障害福祉サービス事業所第2はばたき様
障害者就労継続支援所ぐうですぐう様
 
【ボランティア】
西岐波婦人連絡協議会様
宇部フロンティア大学付属香川高校様
宇部西高等学校様
 


投稿日:2019年11月13日 
  10月8日火曜日、西岐波中学校1年生40名が総合学習で来園されました。タブレットを使って写真や動画を撮ったり、質問をしたり、たくさんのことを学んでおられました。

【車椅子介助・介助される側体験】
実際に車椅子に座り、介助側と介助される側を体験して頂きました。
坂道や段差の乗り越え、普段歩くスピードを車椅子で体験し、「こわい」や「難しい」などの感想がありました。
 

 

【お部屋やお風呂を見学】
 お部屋の家具やトイレやお風呂などを実際に見学され、「こんな工夫がされているんだ!」など感想がありました。また、浴槽や機械浴槽が動く様子を動画に撮り、皆さん興味津々な様子でした。
 

【よさこい・ダンス・クイズ】
生徒の皆さんは「緊張する~」と言われていましたが、いざ曲が始まると真剣な表情で、練習の成果をしっかり発揮されていました。
入居者の皆さんはクイズにも元気よく手を挙げて答えておられ、当たったときには「わーっ」と歓声が上がりました。
 

【ストラックアウト・めんこ・かるた など】
3階では風船バレー・ストラックアウト・めんこ・玉入れ・かるた・あっちむいてほい、などのゲームが行われました。
ほとんどが生徒さんの手作りで、入居者の方に楽しんでもらいたいと準備して下さった気持ちが伝わってきました。


【最後はグループワークをして感想を出し合いました】
・車椅子に乗ってみて目線が低くて怖かった。スピード感があった。乗った目線からタブレットで動画を撮ってみた。
・車椅子介助で段差の上がり方を知れたのがよかった。
・お風呂が気になっていた。お風呂が可動式なのに驚いた。どんなお風呂か想像できなかったので、見学できて良かった。
・入居者の方、職員の方が盛り上げてくれたのが、温かみを感じて嬉しかった。
・ダンスを踊った時、一緒に手を動かしてくれて嬉しかった。
・普段、高齢の方と関わることがないのでとまどった。緊張した。
 

まとめたものは後日校内で発表されるそうです。

投稿日:2019年10月28日 
  令和元年9月11日(水)、宇部あかり園敬老式・祝賀会が行われました。
今年のお祝いを受けられた方は、米寿4名・白寿1名・百歳1名・百歳以上3名の計9名でした。
中村園長の挨拶に続き、西岐波市民センター所長兼西岐波ふれあいセンター館長 野村博美様よりご祝辞を賜りました。

 

 


宇部あかり園の最高齢者はなんと109歳!敬老式当日にお誕生日を迎えられました。


「ありがとう。皆さんのおかげです」と103歳になられるS様。

祝賀会は宇部リハビリ病院託児所園児さんのかわいらしいお遊戯からスタート!
ばらの会の皆さんによる日本舞踊やあかり園新人職員のソーラン節などが披露されました。最後はみんなで輪になり西岐波音頭を踊りました。

託児所園児さんのお遊戯


ばらの会の皆さん


新人職員のソーラン節


西岐波音頭

各ユニットでは工夫を凝らしたテーブルコーディネートを行い、和やかにお食事をされました。
 



  

投稿日:2019年10月21日 
(1) 2 3 4 ... 21 »