1. トップ
  2. 活動報告
  3. 秋穂地区
  4. 山口市養護老人ホーム秋楽園
活動報告
秋穂地区 山口市養護老人ホーム秋楽園 [記事一覧]
 5月27日(水)に秋楽園を会場に「令和2年度法人1年目研修」が開催され、山口、秋穂地域の各施設から、職種も異なる9名の新人職員が集まりました。
  本来であれば、県内全施設の新人職員が一堂に会して、開催されるところですが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、近隣地域ごとに集まって開催という形となりました。
  初回の研修は「福祉施設職員(介護職員)としてのあり方」をテーマに講師は法人企画運営本部の辻野本部長が務められました。
 

  最初に挨拶の基本である「語先後礼」について学びました。「語先後礼」とは言葉を先にお辞儀を後でという意味です。実際には、まず立ち止まって、相手の名前を呼び、顔を見て挨拶するということです。そこから「挨拶はなぜ大切なのか」を本部長自身の体験を交えて話されました。
 続けて、今年度は新型コロナウイルスの影響で中止されましたが昨年度の辞令交付式、新人オリエンテーションの様子をスライドで紹介しながら、法人の組織についての説明がありました。そして法人の理念である“常に利用者の立場に立って考え、そして行動する”について話されました。
 
 
  介護の基本としての「安全・安楽・自立」、三大介護の「入浴・食事・排泄」、「りようしゃほんい」とは何か、「ものの見方・考え方」、心(価値観)についてなど様々な角度から、法人理念を掘り下げられました。
  本部長が強調されたのは、支援やケアをする上で大切なことは、まず相手の想いに添う事から始め、必ず「これでよろしいでしょうか」と訊くこと。すなわち、利用者に確認することで満足度が図れるだけでなく、そこから利用者の立場に立って物事を考えるようになり、法人の理念に沿った支援やケアの実現につながるという事でした。
  また、無意識に働くのではなく、気を配ること、注意深く念入りであること、言動が正しいこと、心がこもっていることを意識して、丁寧な支援に努めようとも話されていました。
 最後に冒頭で学んだ「語先後礼」をもって終了となりました。
秋楽園・秋穂デイサービスセンターから参加した3名からは「挨拶の大切を実感しました」、「内容の濃い研修でした。勉強になりました」といった声が聞かれました。
  これから社会福祉法人博愛会の一員として、自覚も新たに一緒に頑張っていきましょう‼
投稿日:2020年06月09日 
  4月23日(木)に医療法人和同会秋穂幸楽苑、社会福祉法人博愛会秋穂あかり園、秋楽園の職員で敷地周辺の清掃活動を行いました。これは、田植え前に行う水路の溝掃除に加えて、毎年この時期に行っているものです。

さて、準備万端‼ いざ清掃活動へ。

   
大量の泥や葉っぱが溝に溜まっており、ショベルですくい出しました。

 
 
雑草がたくさん生い茂っており、草刈り機を使ったり、手で草を引いたりと雑草の除去に時間を要しました。周囲が田んぼの用水路のため、刈り取った草が溝に入らないよう、細心の注意を払いながら作業をしました。


皆が協力して作業したおかげで、とてもキレイになりました。
 

 時折、風が強く肌寒さもありましたが、適度に汗をかくほど作業に適した温度でした。3事業所が協力し合い、無事に作業完了しました。景観をキレイに保てるよう、これからも清掃活動を続けていきます。
投稿日:2020年04月30日 
  4月22日(水)に秋楽園の4月採用職員2名と秋穂デイサービスセンターの昨年11月採用職員1名の計3名を対象に新人研修会を行いました。
 本来であれば、県内各地区の事業所の新人が一同に会し、合同で行われる予定でしたが、今年度は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各事業所ごとに企画運営本部作成の動画を視聴する形になりました。
 
 新人3人とも経歴は様々ですが、博愛会の事業所で働くのは皆初めてであるため、今回は博愛会の理念である“常に利用者の立場に立って考え、そして行動する”について学びました。
 動画の中で企画運営本部の辻野本部長から強調されていたのは、1点目は支援やケアをする上で大切なことは、まずは相手の想いに添う事から始め、必ず「これでよろしいでしょうか」と相手に聞くこと。すなわち、利用者に確認することで、相手の満足度が図れるだけでなく、そこから利用者の立場に立って物事を考えるようになり、法人の理念に沿った支援やケアにつながるということ。
 2点目は
看護主任、介護職員、生活相談員、栄養士といった施設職員は認知症やしゃべることができない方の変化を見逃さない、そのための専門職である。したがって、しっかりと自己研鑽に努め、経験を積み、多職種協働に努めること。また、無意識に働くことではなく、気を配ること、注意深く念入りにであること、言動が正しいこと、心がこもっていることを意識して、丁寧な支援に努めようということでした。
 動画視聴のあと、園長より法人組織と秋楽園、秋穂デイサービスセンターについての概要の説明があり、終了となりました。
 今回の研修会に参加した新人3人の共々、職員職員一同さらに協働し、法人理念に沿った支援に努めてります。
 
 
 


投稿日:2020年04月27日 
 3月12日に秋穂東赤崎の曹洞宗大昌寺のご住職にお越し頂き、集会室で春の法要を行いました。園内にはここで生涯を終えられた方の納骨堂があり、以前からその御供養のために3月と8月に法要を行っています。 この時はご利用者が園に預けられているご位牌も御供養させて頂いています。

当日はご住職の説法をお聞きしたい方や、御先祖の冥福をお祈りされる方などが参加されました。
ご住職の説法では、曹洞宗法要経典の追善供養御和讃の1節にある「玉とむすびて蓮葉に おきたる露の一雫 ながきは人の願いにて 短きものは命なり」を引かれ、「蓮の葉の水滴と同じように人の命は儚いものです。コロナウイルスで世間が混乱しています。だからこそ、皆さん健康に気をつけてどうかご自愛ください」というお言葉を頂きました。

そのあとは場所を仏間に移動し、位牌を預けられている方に御供養して頂きました。
 
ご主人の供養された方からは「お父さんに会えて良かった」というお言葉がありました。
皆さん、それぞれ故人を偲ばれ、冥福を祈られたご様子でした。
 

 
投稿日:2020年04月14日 
3月3日に秋楽園寿司祭を開催しました。ポスターを作成し、事前に皆さんへお知らせしました。
  
「わぁ。楽しみ」「美味しそう。早く寿司祭の日にならないかなぁ」といったお言葉がたくさんあり、皆さんこの日を心待ちにされていました。

~当日の準備の風景~
  

  

  
昼食の時間での開催ともあって、各部署職員が集い、皆で力を合わせて準備をすすめました。

今回の寿司祭に際して、山口市小郡にある有限会社ハートアンドハート代表取締役の山内進様と寿司の花子のスタッフおふたりにお越しいただき、皆さんにお寿司を提供して頂きました。
 
さすが、職人さんです。鮮やかな手さばきで約90名分の量を仕込んで頂きました。

職人さんの握ったお寿司を各部署職員で協力し、盛り付けました。盛り付けの途中で思わず食べたくなるくらい食欲がわく素晴らしいお寿司でした。
 


~秋楽園セット~



当日のメニューです。お1人分として「玉子、マグロ、アナゴ、真鯛、ヒラマサの握り、いなり、かっぱ巻き、お新香巻き、いくら、ウニの軍艦をそれぞれ1貫ずつ、お吸い物、デザートに男性はお内裏様、女性にお雛様の練り切り」といったメニューを用意しました。
配膳も終わり、皆さんが楽しみにされている寿司祭、いよいよスタートです。

園長から皆さんへご挨拶

 
有限会社ハートアンドハート代表取締役の山内進様より皆さんへ「今日は皆さんに喜んで頂けるよう私たち職人が腕によりをかけて握らせて頂きました。どうか楽しんでください」とご挨拶を頂きました。

皆で合掌し、秋楽園寿司祭スタートです!
 
 
「美味しいね。まだまだ食べられるよ」と言われ、普段は食が細い方もペロリと食されていました。おかわりは目の前で職人さんが握られることもあって、数に限りはありましたが、あっという間になくなりました。

最後にご利用者の代表の方から「お忙しい中、今日は私たちのために来てくださいましてありがとうございました。お腹いっぱい美味しいお寿司を頂きました。また、来年も来てください」と職人さんにお礼の言葉を伝えられました。

「今日はたらふく食べた。美味しかった」「旬の魚はやっぱり美味しいね」「好物のお寿司を食べられて幸せ」といったお言葉を頂くことができました。食後、帰室される時の皆さんのたくさんの笑顔が印象的でした。
この度、秋楽園寿司祭にご協力頂きました有限会社ハートアンドハート代表取締役の山内進様ならび寿司の花子スタッフの皆様大変ありがとうございました。

 
 
投稿日:2020年03月27日 
(1) 2 3 4 5 »